FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.17 映画 044
Survival of the Dead (2009)
サバイバル・オブ・ザ・デッド


ロメロ御大の最新作が遂に完成!
でも「ダイアリー~」は2007年なんだな。
結構すぐに出来たと思ったら一応続きなのね。
前作がスプラッタ要素と相変わらずの皮肉を含んだ良作だっただけに、
大きな期待を込めて観させていただきましたよ。
てかロメロというだけで期待値はマックスに近いんですけどね。
内容は期待をいい意味で裏切る作品でした。
boogieさん曰く鑑賞後後ろの席の若者が開口一番、
「すご~くつまらなかった」と呟いていたとのことで笑、
ホラー的表現は少なかったかなとは思いますが、
それだけロメロファン、ゾンビファンの為の映画だったように感じます。
ぶっちゃけ変な映画ではありましたが、
これよく考えたら世界中でロメロ以外作れないですよね。
地味で渋いけど傑作だと思いました。
もう監督は、完全に悟りを開きましたね!

突如死者が蘇り、生者を喰らうゾンビが世の中に蔓延する時代。
軍人のサージらはゾンビ退治と変わらぬ世界に嫌気がさし、
隊を抜け出して生者から食料や金品を盗む生活を繰り返していました。
そんな中「死者が蘇らない島」があるという噂を耳にし、
期待と不安を抱きつつ島に向かうことに。
そこで彼らを待ち受けていたものとは…!

って言わずもがなですが、勿論ゾンビが待ち受けているわけです笑
島では二つの派閥がゾンビを巡って対立していて、
サージ達はその戦いに巻き込まれてしまいます。
何気にこの島のシチュエーションが良かった。
閉鎖的空間で感じるのはゾンビの恐怖ではなく、絶対的な「死」への恐怖。
まぁこれはロメロ映画に共通して言えることですが。
それぞれ派閥の長が頑固老人で、お山の大将なわけですが、
この二人の関係性がラストに繋がっていく様が良いです。
生者と死者の境が無くなる、
あんな絶望的なラストシーンも珍しいですわ。
今回のゾンビは生きていた頃の習慣を忘れていなく、
『SIREN』の屍人の如く郵便を届けたり木を切ったりしてます。
怖いというよりは哀れに感じてしまいます。
ということは、生きている人間もやっぱり哀れということなんでしょう。
今までもそうですが、今作はより「リアル」を感じることが出来た気がします。
この現実味こそ、ロメロの真骨頂なんだろうな。
ロメロ・ゾンビはもうここまで来た!
まだまだ元気に頑張ってもらいたいものです。
こんな映画作れる人、他にいませんよ、ホント。
スポンサーサイト
2010.08.17 音楽 015
エレファントカシマシ 『5』


エレファントカシマシ5枚目のアルバムです。
もう既にどのアルバムが一番だなんて、
考えても一生答えが出ない位名作が多いんですが、
最近一番聴いてるのがこれですね。
『生活』も大名作なんですが、
ちょっと宮本さんが爆発し過ぎてて危なっかしい。
ギター下手くそだしなー笑
まぁそこが傑作たる所以なのだろうけど、
比べてこっちは安心して聴ける感があります。
歌詞は個人的なものがほとんどだけど、
何だか聴く側の潜在的感情が引き出されるんだよなー。
「共感」とはちょっと違う、
かといって説教じみてるわけでもない。
言葉に出来ない不安・焦り・苛立ちといった負の感情を、
半ば無理矢理引き出せれつつも嫌な感じはしなく、
最終的には何故か前向きな気持ちにさせてくれます。
こんなアーティスト、他にいないよなぁと思いますよ。
ホント、彼らに出会えて良かったです。

アルバムの中では、『ひまつぶし人生』が特に好き。
日常を淡々と唄った曲ではありますが、
とにかくメロディが素晴らし過ぎる。
ささやかなれど平和な日々を求めて、
人は歩き続けなければいけません。
手に入れたものが例え似非だとしても、
甘んじて受け入れようじゃありませんか。
時代は変わっても、生きていかなきゃいけないのですから。

宮本さんの歌詞は何故こんなにも心をえぐるのだろうか。
僕がサラリーマンだからかな?笑
今日はぼんやりと明日を待つことにします。
2010.05.29 映画 043
District 9 (2009)
第9地区


ピーター・ジャクソン制作、
監督は初作品となるニール・ブロンカンプです。
全米公開時から気になっていたし、
アカデミー作品賞にもノミネートされちゃって凄い!
これは観なきゃ損だろうと勝手に決めつけて、
愛する家族が気になりつつも土曜日の初回へ。
何度も思うけど、地元に映画館があるってホントに素敵。
さて肝心の内容は、前評判&期待通り…傑作、傑作の一言でした!
鳥肌モノの全く新しいSF映画でした。
間違いなく後世に名を残す名作となるでしょう。
う~んホントに凄い映画を観ました。

ある日、正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、
突如南アフリカ上空に姿を現します。
攻撃もしてこない彼らと人間は共同生活をすることになりますが、
彼らが最初に出現してから28年後、
共同居住地区である第9地区のスラム化により、
超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立てるのですが…。

予告編等から政治的な側面が強いのかと思ってましたが、
どっこいこれが映画だ!と言わんばかりのエンターテイメント性。
南アフリカが舞台ということで、
かつてのアパルトヘイト政策への意識は勿論あれど、
主体はあくまで娯楽としての映画という位置付けです。
人間が「エビ野郎」と呼ぶ異星人の造形に、
思わずマイノリティとしての存在を認識させられる点や、
主人公のいかにも「人間らしい」性格、
ドキュメンタリー風の描写による臨場感等々、
細かい設定の全てがラストに集約している気がします。
この一切無駄のない作りに感嘆!
SFなのにこの現実的なドキドキ感は、
いかに作品がリアリティかということですよねぇ。
エンドロールでは思わず震えてしまいましたよ。
これはマジで観ないと損だ!と思った映画でした。
『第10地区』にも期待しましょう…。
フットサルのチームメイトに、
「そのシューズ仮面ライダー意識ですか?」
と、やっと気付いてもらえました~!
「そう!V3感満載でしょー」
だって一目惚れだったもんよー。
アンブロのサラ5。かっこよすぎ。
褒められたのは嬉しいけど、パスの精度がイマイチ上がらない…。
足がついてこないって現象は無くなったけど、
頭と身体をフルに使うのは大変ですね。
でも楽しい!チームもまとまってきたし。色々いい感じだ。

エレカシの新曲がまたしても素晴らしい。
蔦谷さんと組んでから、メロディが洗練されてきた気がします。
荒々しいのも好きだけど、
ライヴでは初期の曲やってくれるから全然満足。
今年こそは野音参加してみたいぜよ!
2010.05.09 音楽 014
MASSIVE ATTACK 『HELIGOLAND』


遂に出た!
実に7年振り、超待望の新作です。
やはり、期待を裏切りません。
ドープ&サイケな雰囲気がビシバシで、
深~い精神世界に連れてってくれます。
そして相変わらず、曲が練られてるなぁと。
時折出る微妙なリズムの変化やズレに文字通り痺れます。
暗いし重いけど、心地良さを感じることが出来ます。
打ち込みをベースとした曲構成に、
ストリングスやホーンが絡んでくる様が何ともいいのです。
豪華なコラボも健在。
皆彼らの世界観を壊すことなく、
いい味を出してくれています。
ホレス・アンディはやっぱりいいです!

先行リリースの『Splitting The Atom』もいいですが、
デーモン・アルバーン参加の『Saturday Come Slow』が素晴らしいですね。
無機質なアルペジオに絡む歌声が非常にマッチしてます。
やっぱりデーモンいい声してるなー!
他もシングル級と言ってもお世辞じゃないくらい、
どの曲もクオリティが高く素晴らしい出来です。
アルバムを通して自分達のスタイルが明確ですよね。
かといって頭でっかちには決してなっていない。
唯一無二の存在であることを改めて実感しましたね。
来日期待してるんだけど、フジロックだけじゃ勿体ないよ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。