FC2ブログ
週末、遂に新車君がやって来ました!
乗り心地最高~。
これからも宜しくって感じです。

皆フジロックの日記とか書いててムカつきますね笑
いや、普通に羨ましいだけなんですが。
今年も最強の面子だったからなぁ。
朝霧ではメチャメチャ楽しんでやることにします。
あ、朝霧一緒に行く人募集中です!
テントは、でかいです。

ちょっと前ですが行ってきました。


2007.07.22(SUN)
HappyLIVEs #16@代々木公園野外ステージ
easybluezys
らぞく
MELTONE
MUFF
FREAKY MACHINE
FLY
Dachambo
DJ OSG
KICK

代々木公園という場所もあり、
かなりユルくてオーガニック。
昼間からゴロゴロしつつビールを呑みまくるという
野外万歳な感じでのんびり過ごしました。
今度は大人数で行きたいなぁなんて思ったり。
さてイベントはというと、
改めてGREATFUL DEADの偉大さを思い知らされました。
全バンド気持ちよかった~!
Dachamboは19時と若干暗くなってから。
去年の朝霧以来で、
しかもその時はCOOL WISE MENとかぶってたので全部は観れず。
なので今回は最初から最後まで踊りまくりです!
てかあれで躰動かない人いるのかな?
もう意識飛ぶー!って位ぐわんぐわんにさせられてきました。
正に究極の快楽。
あんなに気持ちいいライヴ初めてでした。
FIELD OF HEAVENで天国に行きたかった~!
スポンサーサイト



2007.07.27 幽霊の日
おはようございます。
暑い日が続き、
絶好の怪談日和がやってきていますね。
夏になると理由もなくワクワクしたりするものですが、
僕の場合ワクワクのほとんどは
怪談話とか恐怖物語なのかもしれません笑
完全おかしい人だな、こりゃ。

さて、昨日7月26日は「幽霊の日」でした。
怪談の代表作『東海道四谷怪談』が1825年(文政8年)、
江戸の中村座で初演されたことに由来しています。
内容はもう有名すぎて言わずもがなですよね。
当時はもの凄い宣伝をしたらしくて、
振袖を口に咥えた美女の生首を描いた幟を立てたりしていました。
しかも当代きっての豪華キャスト。
しかし大ヒットの要因はそれだけではありません。
有名な戸板返し、
がんどう返し等の斬新な演出が
観客を仰天させたことは言うまでもありませんね。
内容もさることながら舞台演出が完璧で、
実話と錯覚して泣き崩れる客も出たといいます。

それから映画、TV、本等様々なものに姿を変えながらも
僕らを震えさせてきた『東海道四谷怪談』。
100年以上も怪談の代表として君臨し続けています。
中川信夫監督の同名映画も、
蒸し暑い夜に観ると一層恐ろしいものになります。
そろそろレビューも書こうかな~。
yotsuya_kaidan.jpg
愛車のマーチ君がいよいよ変わります。
まぁ24万キロも走ってくれたんだからご苦労様です!
今日は最後の大仕事、
宇都宮までの長距離運転にも耐え、
あとは新車の納車を待つだけですね。
約2年半も一緒に仕事してきた仲ですから、
多少寂しい気もしますがゆっくり休んでいただきたいものです。

げんべい商店のビーサンが届きました!
下の二つが僕の。
履き心地が超いい!
デザインも機能性も優れてるものは本当最高です。
これで夏は更に快適に過ごせるぜ!


夏が近づくにつれ、
数々のイベント参戦が決まり楽しみで仕方ないです!
今週末はこれに行って参ります!

2007.07.22(SUN)
HappyLIVEs #16@代々木公園野外ステージ
easybluezys
らぞく
MELTONE
MUFF
FREAKY MACHINE
FLY
Dachambo
DJ: OSG
KICK

PEEEEEEEACE!!!!!!
2007.07.18 漫画 007
いがらしみきお 『Sink』 竹書房 全2巻


ちょっと前の作品ですが、
初めて読んだ時の衝撃は忘れられませんね。
いがらしみきお氏が描く恐怖の世界は凄い。
本当に度肝を抜かれた漫画です。
とにかく恐ろしくて不気味。
当時はジャケ買いでしたが、
見事に当たりました!
他のどのホラー漫画にも似ていない異様な雰囲気バリバリの超名作。

大学教授の山下は妻と高校生の息子・駿との三人暮らしで、
ごく普通の幸せな家庭を満喫していました。
ある日彼は仕事帰りに異様に首の長い女性を目撃。
また大学ではやけに腕の長い生徒も目撃します。
同時に近所の造成地の岩や、
バス停に落ちているタバコの量が
異常に増えていることに何だか不安を感じていました。
何気なく友人の林に相談してみたら林はこう言いました。
「異様なものほどバランスを崩す」
それから、
「異様なもの」の増加と共に山下家だけでなく
この世のバランスも崩れ始めていくのでした…。

まずは林教授の「バランス論」が重要な鍵となります。

人の営みというのはすべてバランスをとろうとする行為さ
人はバランスがとれていると安心するし崩れると不安になる
なにもないのが一番いい
余計なものが増えるとバランスが崩れ出す
火のついたタバコなんてそれだけでも異様なものだよ

うん、ちょっと極端かもしれませんが、
確かに世の中ってそういうものですよねぇ。
目に見えない速度で少しずつバランスが崩れ、
気付いた時にはもうどうしようもないという。
この漫画では、本当にじわじわと恐怖が忍び寄ってくるんです。
その象徴となるのが「異様なもの」。
日常的にはあり得ない不気味な存在。
例えば朝起きたら自転車が電線に引っ掛かっていたり、
部屋一面に紐が張り巡らされていたり。
いがらしみきお氏の凄いところは、
この場面になると一切の音が無くなるんです。
いや、漫画なんだから音なんて元々ないと思うかもしれませんが、
違うんです。
本を読んでいる自分の周りの音も消えてしまうんですよ。
画力の成せる業でしょうか。
僕も以前草加に住んでた時
「異様なもの」を目撃してしまった体験があって、
その時は本当全身に鳥肌が立ちましたよ。
幸い不幸は訪れなかったですけどね笑
あと「デジャ・ビュ」の存在も恐ろしいです。
今起こったばかりのことが
まるで巻き戻し再生をしたかのようにまた起こるんです。
漫画によれば、「デジャ・ビュ」は空間の歪みで、
その瞬間から別の不幸な世界が始まっている、ということ。

じわじわと迫り来る戦慄を分かっていながらも、
どうしようもない現実。
『Sink』には、僕らの生きる世界には
自分達の力ではどうにもならないことがあるという、
痛烈で絶望的なメッセージが込められているような気がします。
現実に打ちのめされそうな人が読んだら
ボコボコにされるので気を付けて下さい。
そういう意味ではかなり危険な漫画。
でも大推薦です笑
究極のホラー漫画!
2007.07.17 ENJOY FREE STYLE
台風4号、別名「マンニィ」め!


というわけで大雨の中、
恒例の奥多摩GIG&CAMP 07に行ってきました!
雨は凄かったし寒かったけど、
流石全国の猛者の集まり、
今年もメチャメチャ面白かったです。

一日目
友人のスイケン氏と待ち合わせ、
食料等を揃えつつ現地へ。
山梨に向かうにつれ、
明らかに増している雨量にも負けず山道を走る二人。
本当にやってるんだろうかという不安に駆られながらも
何とか現地に着きました。
さぁテント作りです!
既に豪雨です!
泣きそうになりながらも気合いで
テントを完成させたところで足軽御一行が到着。
雨よけテントを持ってきてくれたので助かりました。
ライヴはブラジルUFOは間に合いませんでしたが
PAINT BOXはギリギリで観れました!
本当格好よかった。
足軽は今回も凄かったです。
本当オリジナリティがあって格好いいなぁ。
足軽終わって皆でバーベキュー開始。
肉、ご飯、ビール!
鉄アレイは音圧が凄すぎて吹っ飛ばされそうになりました。
久々に観たけど凄かった!
そんな感じでお肉を食いまくりつつ一日目は終了。
寝たのは結局明るくなってからでした笑

二日目
残りのメンバーとSNAKES、PSYCLOCKSが到着。
テントはというと、
やっぱり浸水…生まれて初めて水の上で寝ました笑
冷たくて全く寝た気にならず、
起きたら右半身だけびしょびしょという事態に。
露天風呂であったまらんと死ぬ!って位寒くて、
昼間雨は止んでたけどずっと炭に当たってました。
ブルースビンボーズは超ROCK!
素晴らしかったです。
体力の限界を迎えたので車でちょっと休んで
SNAKES、PSYCLOCKSと続き、いよいよ出番です。
やっぱり外はメチャメチャ気持ちいいですね~!
マイナスイオン万歳!
今年も出てよかった!
体力はいつものように限界を超えてましたが、
何とか無事帰ってきました。
東京到着は16日の夕方…。
でも楽しかった、来年も行くぜ~!!
2007.07.10 音楽 007
JUSTICE 『†』


このアルバムを載せないわけにはいかんです。
2007年上半期私的ランキング第一位に輝いた一枚!
ブリトニー・スピアーズ、ファットボーイ・スリム等
幅広いジャンルのリミックスも手掛けていて、
その実力は既に証明済みです。
去年の朝霧であれだけ踊り狂わされた後、
満を持してのファースト発売とくれば狂喜しないわけがありません。
しかも内容が素晴らしいのなんの。
長いファンになりそう。
超名盤です。

Xavier de Rosnay、Gaspard Augeの二人からなる
フランスのエレクトロ・デュオです。
こういったダンス・ロック的なものは最近日本でも流行ってますが、
その中でもずば抜けて格好いいです!
ED BANGER RECORDSということもあり
ポスト・ダフト・パンクなんて呼ばれていますが、
もっとヤンチャな感じがするし、
力強いエネルギーに満ち溢れてるけど
凝ったサウンドで飽きさせません。
超ファンキーな『D.A.N.C.E.』、
ゴリゴリ・ダーティー・サウンドの『WATERS OF NAZARETH』等、
独創的でパンチの効いた名曲がずらり。
ペドロ・ウィンターが一週間で契約を決めたというのも頷けます。
今後の動向が最も気になるアーティストです。
僕は行けませんがフジロックに行く人は観ないと絶対後悔するぞ~!
2007.07.05 映画 008
Pirates of the Caribbean: At World's End (2007)
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド


何だかすんごい人気ですね。
基本大作は嫌いじゃないんで、
折角だし劇場で観てきました。
勿論MOVIX三郷。
金曜の夜だってのに相変わらず人少ない笑
新味のポップコーンも登場してたし、
シネコンはゆったりできていいです!
ミニシアターならではの雰囲気も大好きなんですけどね。
どっちにしたって映画館に足を運ぶことが重要なのです。

内容は手っ取り早く言うと
ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイらが
繰り広げる冒険活劇。
超省略ですが。

ジョニー・デップはやっぱり凄いですね。
いつもですが今回は特に役作りに力を入れたらしく、
細かいこだわりが分かります。
こんな大作に出たと思えば、
『シークレット・ウインドウ』みたいな駄作でもしっかり
自分の役柄を作り上げてしまう辺りは一流の証拠でしょうか。
『~デッドマンズ・チェスト』は彼の独壇場といった感じでしたが、
今作は超豪華キャストです。
チョウ・ユンファとキース・リチャーズはやっぱり素晴らしかった!
ばっちり合ってたと思います。
個人的に一番はジェフリー・ラッシュでしたね。
流石はベテラン、
観客を引き寄せる演技力は半端じゃないです。
一番カリブの海賊っぽかった!
そんな感じで久々に大作を観ましたが、
普通に面白いですね。
単純に映像に圧倒されるのもたまにはいいです。
果たしてシリーズは続くのでしょうか?
続編があるとしてもまた観ちゃうんだろうな。
次の大作は『トランスフォーマー』だ~!
梅雨明けませんねぇ…。
でも今年は例年より雨が少ない気がします。
まさしく地球温暖化ですね。
何だか2030年には熱帯夜が3倍になるとか。
温暖化対策ってのも後の祭りのような気がしてならないですが、
とりあえず僕らも頑張ってみようと思います。
まずは『不都合な真実』観ないと。

日曜日は彼女の妹ちゃんのダブルダッチ発表会があるっていうんで、
みなとみらいに行ってきました。
みなとみらいといえば『ゴジラVSモスラ』でしょう!
都庁といえば『ゴジラVSキングギドラ』でしょう。
大阪城といえば『ゴジラの逆襲』でしょう。
どうしてもそんな感じの第一印象笑
でも特撮を撮る人たちは思う存分できるからいいですよね。
「今度は東京タワーぶっ壊してやれ!」みたいな。
ゴジラ復活しないかなぁ…。
話が脱線しましたが、
妹ちゃんは大学のダブルダッチサークルに入ったらしく、
大分熱が入っていて微笑ましい限りです。
何にしても一生懸命になるっていうのはいいことですよね。
僕なんかかなり運動不足なんで羨ましかったです。
てかやっぱり学生はいいなぁ!
ダブルダッチはよく分からないけど、
妹ちゃんのチームは個性的でうまくまとまっていて大変よかったです!
これからも楽しく頑張ってね~。


後は横浜をウロウロ。
カラオケとか行って帰りましたとさ。
天気もよかったしいい休日でした~!