FC2ブログ
2007.12.25 髑髏堕ちる時
年がら年中下ネタを言う人が僕の知り合いにいるんですよ。
もう何でもそっちに結びつけちゃうような。
その人はそれでインパクト的にはいいんですが、
流石にずっとその話だと飽きてきますよね。
しかも逆にセックスとか下手なんじゃないのと思ってしまう。
引き出しは多いにこしたことはないですねぇ。
それか不言実行。
「男というものはあまりしゃべるものではない!!
両の眼で静かに結果だけを見ていればよいのだ!!」
というキン肉アタルの言葉を思い出します。

さて、2007年も終わりに近づいていますね。
来年はでっかいことが山ほど待っているので、
真っ向から挑んでやりたいと思います。

2008年、音楽はまた充実しそうです。
元旦にはエレファントカシマシのシングル『笑顔の未来へ』がリリース。
そして2月には待望のアルバム!
進化したサウンドが楽しみですね。
先日見事な復活を果たした電気グルーヴは、
2月にシングル『モノノケダンス』を発売。
アルバム出るかなぁ。出して欲しいなぁ。
そして来年の大目玉はTOKYO No.1 SOUL SETの復活でしょう!
これは早くも名盤になること必至。絶対なる。
洋楽では個人的にフリー・フォークブーム到来の予感です。
とりあえずデヴェ様の音源を集めようと思います。

TV界も1月から楽しみが満載です。
ファンにはたまらない『墓場鬼太郎』のアニメが10日よりスタート。
木曜は寝れませんな。
オフィシャルはコチラ
そして何と諸星大二郎先生の最高傑作、
『栞と紙魚子』シリーズのドラマ化が決定しました!
土曜深夜、5日より放送開始。
あの狂った世界観をどこまで表現出来るのか。
とにかく期待はします。
主題歌がeastern youthとは!!!!
オフィシャルはコチラ
スポンサーサイト



2007.12.13 夢のちまた
僕は夢を覚えてるタイプじゃありません。
見るんだけどすぐ忘れちゃうんですよねぇ。
でも子供の頃見た忘れられない強烈なやつは
実家にゴジラが襲来した夢で、
それは興奮しつつ恐怖しつつで。
近くの四階建ての家からヌッと覗くゴジラの怖さといったらもう!

昨日の夢は本当に珍しく鮮明なやつだったんで、
記しておこうと思います。
登場人物はスイケン、浅見、彼女、そのぎ、愛美、自分。
まず下北沢から電車に乗るが、何故か超オンボロ電車。
しかも車内はアフリカ系黒人さんばっか。
車内にいた子供たちは全員彼女に抱きついて離れません。
もう彼女見えない位子供がくっついちゃってます。
彼女、不機嫌。

その後一駅で舞浜に到着。
勿論目当てはディズニーランド。
スイケンと浅見が即効はぐれて、
その他で行動してたらそのぎも行方不明。
どうやら荷物を預けに行ったらしい。
電話してスペースマウンテンの前で待ち合わせることに。
因みに彼女と愛美は
入園したばっかりなのに妙にぐったりしていて、
すんげぇ急な芝生の上で早速の休憩タイム。
なので僕一人で迎えに行くことに。
すんません、かなり破綻してます。
そのぎを迎えに行く途中、
アメリカのストリートみたいな場所に迷い込んでしまって、
そこで何と車100台によるパフォーマンスを拝見!
ドラムラインの車バージョンて感じで、
今思うと何じゃそりゃって感じですが
夢の中では感動しました。
音とかがすげぇの。
クラクションとか超計算して出してる。
そんなのを見ながらそのぎを待ってるけど、全然来ない。
仕方ないので戻って彼女に聞いてみると
「そのぎ荷物預けに秋葉原行くって電話あったよ」
え…もう早く言ってよそのぎ~。

疲れたし暑いので、頭にスプレーをかける。
でもスーッとするやつじゃなくて、
艶出しのスプレーだったんですが。
ところが突然噴射が止まらなくなって、
もうどうしようもなくなったから蓋をしたんですけど、
全然止まらなくて最後は爆発。
周りにすげぇ飛び散ってしまい、彼女マジギレ。
そこで愛美が持っていた雑巾を貸してくれました。
愛美、ディズニーランドに何で雑巾持ってきてんの?

そんなところで夢から覚めたわけです。
いやぁ、とにかく破綻しまくりの内容ですが
皆らしい感じで、何か分かる!って夢でした。
自分でも何でこんなに覚えてるんだろうと不思議です。
普段はすぐ忘れちゃんだけどなぁ。
今日信号待ちで何気なく横を見たら、
マルチーズがちょうど排泄中じゃありませんか。
可愛い顔に似合わず中々立派なモノを出して、
そそくさと家の中に入っていきましたとさ。

長年生きていれば誰しも一度は
デート中にウンコが我慢できなくなったことがあると思います。
普段は頑張れば我慢できるんですが、
どうしてもやばくなる時ってあるじゃないですか。
皆さんどう回避してるんでしょうかね。
候補としては3つ位あって、
①「ごめん、ちょっとトイレ(おしっこ)行ってくるわ」
②「ごめん、ちょっと電話してくるわ」
③「ごめん、ウンコしてくるわ」
こんな感じになると思います。
③はちょっと印象が落ちますね。
かなり親しい仲か、付き合って長いとか
そういう場合じゃないと苦しいかと。
却下ですね。
②は何かわざとらしい感じがするようなしないような…。
でも実際やったことがないので分かりませんが、
持っていき方次第では一番無難な候補かな。
僕的にはやっぱり①がお薦めですかねぇ。
ぶっちゃけ過去3回程危ない時がありましたが、
全てこのやり方で乗り切ってきました。
絶対バレてない。
但しこの場合、時間との勝負になります。
少しでも遅れると誤解の元になりますので、
集中力を決して切らさないように注意しましょう。
スピードに自信がないという方は無難に②で。
さ、鍛錬鍛錬。では。
2007.12.05 YouTube PV集 007
エレファントカシマシ - 俺たちの明日
2007.12.04 音楽 010
エレファントカシマシ 『俺たちの明日』
oretachi_no_ashita.jpg

A&Mレコーズ移籍第一弾シングルが遂に登場!
ストレート且つメッセージ性の強い歌詞が心を打たれる名曲です。
最近のエレファントカシマシの色である
「4人で作る音」をよりグレードアップさせたような感じ。
いい意味で、肩の力ガンガン抜けてます。
やっぱりこういったバンドサウンドが一番好きですね。
テレビやラジオでインタビューとかが盛んに紹介されたりして、
売れると思うし、売れて欲しいと素直に思います。
タイアップはウコンの力のCM。
まんまな感じでナイスチョイスですね~。
初回限定はDVD付で、野音での
『四月の風』
『悲しみの果て』
『風に吹かれて』
『ガストロンジャー』
を収録。これがまた素晴らしいのなんの。

かなりのキャリアがある彼らがここに来てこの直球勝負。
しかも確実に進化している感じです。
骨太で力強いサウンドだけではない、
内面的な成長がもの凄く伝わってきますね。
1対1の構造と言いますか、
宮本氏の「オマエ」は本当に胸を打たれます。
名曲『覚醒 (オマエに言った)』もそうですが
ここまで説得力のある人はそうそういません。
人はどうしても後ろを振り返ってしまうものだが、
大事なのはそこから何かを見つけることなんですね。
単純な応援ソングとはわけが違う、
エレファントカシマシの真骨頂がここにあります。

来年のアルバムも楽しみにしてますよ~!!