FC2ブログ
漫画の新規開拓が楽しい季節。
好きな漫画家さんは多数ですが、新しい風も必要ですよね。

マンガ期待度ランキング10!(連載中)
①『芋虫』 丸尾末広 (コミックビーム)
②『誘蛾灯街の標本』 大越孝太郎 (ヤングチャンピオン烈)
③『東京怪童』 望月峯太郎 (モーニング)
④『ブラステッド』 室井大資 (Fellows!)
⑤『おおきく振りかぶって』 ひぐちアサ (アフタヌーン)
⑥『デボネア・ドライブ』 朝倉世界一 (コミックビーム)
⑦『高校球児ザワさん』 三島衛里子 (ビッグコミックスピリッツ)
⑧『士道』 高橋ツトム (ヤングジャンプ)
⑨『聖☆おにいさん』 中村光 (モーニング・ツー)
⑩『ヒメアノ~ル』 古谷実 (ヤングマガジン)

『芋虫』は丸尾御大が再び江戸川乱歩に挑む超期待作です!
『パノラマ島綺譚』は先生の画力が遺憾なく発揮された傑作でした。
今回はかんなりエグイというというからまぁ楽しみ。
コミックビーム購読してて本当良かった~!
伏兵としてはFellows!の『ブラステッド』ですね。
直接的なバイオレンス漫画はぶっちゃけ苦手なところがあったんですが、
乾いた絵が何とも興味をそそるではありませんか。
というかFellows!はかなり面白いですよ。
あとはスピリッツの『高校球児ザワさん』。
たまたま立ち読みしてハマってしまいました。むぅ、ザワさん気になります。
単行本がもうちょっとで発売ということなので買ってみようかと思います。
あと大越先生!早く連載再開してちょ~。

職場の近くの名物にゃんこ。全然こっち向いてくれなかった…。
リードに繋がれております。



<今日の予告編>
『新宿インシデント』
5月1日(土)より有楽町スバル座、新宿オスカー他にて。
スポンサーサイト



早いもので結婚1周年を迎えました!
本当早いなぁ~。これからもヨロシクデスネ。
というわけで最近転職活動もぼちぼち順調で、
時間があれば『学校であった怖い話』を頑張っております。
ビバ・バーチャルコンソール!!!!
ガキだった僕等を恐怖のどん底に突き落とした究極の懐ゲー。
当時は何が何やらで全然クリア出来なかったな…。
色んなトラウマを植えつけられましたわ。
特に逆さ女は殺人級の恐ろしさでしたね。
友達と別れる時、
「じゃーねー」
「逆さ女に遭遇しても、絶対騙されるなよー!」
のやりとりが一時期当たり前になっていました。
子供っておバカ。


土曜日には、アルジェント先生が帰ってきますよ!
待った!待ったよ!GWはアルジェント祭じゃー。
シモネッティの音楽にも期待大。
公開まであとわずか、震えて待ちましょう!

<今日の予告編>
『サスペリア・テルザ 最後の魔女』
4月25日(土)よりシアターN渋谷他にて。
まさかのゲーム化とは嬉しい限りですね。
しかもWiiでのリリースとなれば購入は確実でしょう。
ハードWiiしか持ってないし汗
一応映画は全部観てるし、
ハリウッド版は恐怖とはかけ離れていますが好きなシリーズです。
『零』シリーズをやっていないのでこっちは楽しみにしてます!
とことん怖いのかな?怖さでは『SIREN』を超えられるかな?
今年の夏はこれで決まりか?
http://www.juongame.jp/

<今日の予告編>
『パニッシャー: ウォー・ゾーン』
4月18日(土)より新宿ピカデリー他にて。

初めて聴いた時は鳥肌立ちっ放しでしたよ。
アルバム待ちきれないっす…。
本当の天才だ、宮本氏は。
とにかくニュー・アルバム『昇れる太陽』は29日発売。
皆さん買いましょう!

今週はずっと風邪っぴき。
昔みたいに勢いで治せなくなってきましたね…。
日曜は友人の結婚式なので何としても完治させねば。
呑むぞー!

またまたやってくれたぜ慎三!
でもミラクルではなく完勝も見たいっす。
火曜のACL、日曜の東京戦とアウェーが続きますが頑張っていただきたい!
そういや水曜で結婚1周年です!
早いものですなぁ。これも皆々様のお陰でやす。
ローンを早く完済出来るように頑張りますです。

『湯けむりスナイパー』が金曜から始まっていますが、
期待通りで相当面白いですね。
エンケンさんってば何であんなに素敵なんでしょうか!
男の哀愁を突き詰めていただきたいものです。
久々にドラマを真剣に見ることになりそうですね。
漫画も読んでみようかしら…。
2009.04.04 映画 035
富江 VS 富江 (2007)


『富江』シリーズの7作目。
一応完結ということになっていますが、まだ続くでしょうね。
今回はあびる優が富江役ということで、
中々いいチョイスだなと思いましたよ。
当時劇場に行けなかったので、やっとこさGyaOで鑑賞。
脚本とか構成はかなりB級なんかなぁと期待あり不安ありでしたが、
思ったより良く出来ていて満足しました!
とことん期待して裏切られるより、
期待しないで満足した方が幸せだなと改めて感じました笑

梅原一樹は恋人の尚子を目の前で何者かに殺されたことで
精神的なダメージを受け、カウンセリングに通いながら社会復帰を目指していました。
ある日、症状が快方に向かっていることを自覚した一樹は就職を決意。
マネキン工場で働くことになりますが、
工場長に紹介された富江という名の女性が尚子に瓜二つだったのです…。

まずは何といっても富江役のあびる優ですかね。
今まで菅野美穂や宝生舞、酒井美紀等数々の女優が演じてきた富江。
原作ファンは毎回富江役に興味津々です。
あびる優が原作を研究したかは分かりませんが、
伊藤潤二先生独特の悲しげな表情とか動き(漫画だけども)を、
はっきり言ってほぼ完璧に再現していたのではないでしょうか!
まるで漫画から飛び出たような演技は本当に素晴らしかったです。
内容は思ったよりVS度が低く、若干安心しました。
個人的にはもうちょっと怪奇色強めな方が好きでしたね。
しかしこのシリーズも原作ファンの僕は続いて欲しいと思いますけど、
知らない人が観たら何じゃこりゃって感じなんですかね。
ファンの為だけでいいんで続けて下さい笑!
巻き糞のルーツってあるのかな?
実際見たことあります?
人間であんなの出せる人は本当に少ないでしょうね。
一生に一度あるかどうかって感じです。
犬はくるくるしながらウンコをするらしいですが、実際見たことはありません。
あと最初にあれ書いたのは誰?
そこで見つけたのがこの絵。


見ると16世紀と書いてあります。
これが最初かどうかは分かりませんが、
この頃には巻き糞の概念が存在していたということですね!
巻き糞の歴史は深いんですね~。
てっきりアラレちゃんかと思っていました…。
でも鳥山先生が日本に巻き糞を浸透させたのは間違いないわけですから、
やっぱり偉大な方ですねぇ。

くだらん話はさておき、今日は山梨県南アルプス市に行ってきました。
朝六時に出たけど、のんびり走って二時間半で着きましたね。
意外と近かったです。
白根ICで降りると、眼前に広がるマウント・フジ!
自然に圧倒される経験てのはいいもんですね。
悩みとかが吹っ飛ぶ感じが。早く朝霧行きたいな~。
走行距離350km、アルバムを丸々5枚聴けてしまいました。
パッソ君お疲れ!
今日の愛すべき音楽達。
FRANZ FERDINAND 『You Could Have It So Much Better』
  ↓
ザ・タイマーズ 『ザ・タイマーズ』
  ↓
TOKYO No.1 SOUL SET 『TRIPLE BARREL』
  ↓
Dachambo 『DR.DACHAMBO IN GOONYARA ISLAND』
  ↓
DEEP FOREST 『World Mix』

週末まであと一日!頑張りましょ~。

<今日の予告編>
『ストレンジャーズ 戦慄の訪問者』
4月4日(土)より新宿ミラノ、シアターN渋谷他にて。