FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.26 映画 022
The Revenge of Dr. X (1970)
X博士の復讐


皆大好きエド・ウッドの脚本で、
『双頭の殺人鬼』のケネス・G・クレイン監督のSFホラー珍品であります。
この二人の化学反応はある意味素晴らしく、
とんでもない作品に仕上がってしまいました。
『双頭の殺人鬼』同様日本で撮影されており(嘘ではなさそう)、
心配していた変な感じの解釈が無かったのが幸いでしょうか。
しかし予想通りのぐだぐだな展開と、
凄まじい造形の怪物が出てきますよ。

宇宙ロケットの発射実験に参加していたブレーガン博士は、
過労の為心身共に限界にきていました。
長期休暇を取ることにした彼は、
助手のナカムラの勧めで日本へと渡り、
本来の専門である植物学の研究に打ち込むことに。
しかし、彼の精神は既に病んでいました。
米国から持ち込んだ食虫植物と
日本の海底から採取した不気味な植物を交配し、
新たな肉食の生物を作り出そうとしていたのだった!

一言で言うと『フランケンシュタイン』の植物バージョンでしょうか。
ゆるーい感じのマッド・サイエンティストぶりが堪能できます。
舞台が日本ということで日本人の執事、海女さん等が登場しますが、
何だかどこか胡散臭い。
執事が現れる場面では、絶対謎の音楽が流れるし。
あと浅間山噴火しすぎ。本当危ないって笑
肝心の怪物ですが、両手両足がハエトリソウになっていて、
仮面ライダーの怪人をもっと酷くした感じになってます。
この酷さがたまらん!
良くも悪くも珍作といったところでしょうか。
やっぱり最低映画探しは止められませんねぇ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ungetum.blog83.fc2.com/tb.php/128-a66e8d78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。