FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.26 映画 025
The Dark Knight (2008)
ダークナイト


何だかどの国でも大ヒットで、
IMDbでも凄く評価が高いってことで大分期待して観ました。
元々『バットマン』シリーズは当然のように観てきましたが、
本当に一番良い出来なんじゃないでしょうかね。
映画史に残る傑作であると思います!
ノーラン兄弟恐るべしって感じです。

悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、
ゴードン警部補やデント検事の協力のもと、
バットマンは街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつありました。
しかし、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、
街は再び混乱と狂気に包まれていきます。
最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術を駆使しながら、
信じるものすべてと戦わざるを得なくなっていく…。

何と言ってもやっぱりヒース・レジャーでしょう。
怖い。恐ろしすぎる。
ジャック・ニコルソンの極彩色も良かったですが、
ヒースの地味なジョーカーはとにかくカオティック。
狂気の漂うキャラ作りが見事に作品にマッチしてました。
本当に惜しい人を亡くしたと思います。
後は、脚本が素晴らしい!
この作品、勿論ブルースの映画であるし、
ジョーカーの映画でもある。
デントの映画でもあるしゴードンの映画でもあるんです。
つまり全員が主役であるということ。
そして観客に対して何処か冷徹な目線の作品というか、
ゴッサム・シティの市民と同じように
「正義」の境目をあやふやにすることに成功しています。

「俺はおまえを殺したくない。おまえは俺を完成させてくれるからだ」
この台詞が凄い。
ジョーカーという存在はバットマンによって補完されるのですね。
『バットマン ビギンズ』でも台詞が重要視されていましたが、
今作は更に踏み込んでいるような気がします。
一回観ただけじゃ分からん!Blu-ray待ち遠しいっ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ungetum.blog83.fc2.com/tb.php/154-ff83f026
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。