FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.10 映画 026
Iron Man (2008)
アイアンマン


『ダークナイト』が大大大ヒットした為、
この作品は埋もれてしまうかなと思いましたが、
どっこい米ではメガヒット。
日本でも大ヒットを記録。
観た人からは賞賛の声。
これは劇場で観なきゃ後悔すると思って
上映終了間際に無理矢理時間を作ってMOVIXへ。
観てみたら、あら最高じゃないの!
アメコミ・ブームはまだまだ続きそうな予感ですね。

億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スタークは、
視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、
アジトに監禁されてしまいます。
しかしそこで自ら作り上げた超ハイテクの鎧で何とか脱出。
無事帰還したトニーでしたが、
自社の兵器がテロリストに悪用されているという衝撃の事実を知ります。
そして自ら戦闘用のパワードスーツを作り、
カネと欲望の渦巻く社会へ闘いを挑んでいくのでした…。

異色のヒーロー、と言ったら出尽くした感もありますが、
アイアンマンことトニー・スタークの風貌はかなり良いです。
大会社の社長であるというプライド、度胸はかなりのもので、
かといって正義感丸出しというわけでもない。
正にロバート・ダウニー・Jr.が超当たり役でした。
自分で全部作ってやるっていうのがまた素敵じゃないですか。
ジェット噴射やミサイルの威力を調整する過程とか、
細部を簡略化しないでいちいち見せるところも好きです。
あとメカのバージョンアップ過程。かっこいいっす!
イラク戦争等でアメリカの評判がこうなってしまった今、
単にテロリストを登場させてもどうなのかなと思ってましたが、
アメリカの裏側を突く脚本が用意されていたので安心安心。
それがトニーのユーモラスな性格と相まっていたような気がします。
人間味溢れるヒーローってやっぱりいいですよねぇ。
続編も期待してますっ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ungetum.blog83.fc2.com/tb.php/158-c1d50b65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。