FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.19 映画 030
Diary of the Dead (2007)
ダイアリー・オブ・ザ・デッド


僕等を恐怖のどん底に突き落としてきた、
帝王ロメロ監督渾身の最新作です。
『28週後…』以来のboogieさんと行ってきました。
(私用でバタバタしてて連絡取れずすみません…)
待ち合わせは、池袋シネマサンシャイン。
勿論映画のオブジェの前で仁王立ちです。
ゾンビに背中を掴まれそうになる俺。
通り掛かる人達の驚きと中傷の目。
気にすることはない。
内容は言わずもがな、ロメロ・ワールド全開!
年の瀬にいいもん観ました。

ジェイソン達は、ペンシルバニアの山中で
仲間達と卒業制作のホラー映画を撮影していました。
そこで各地で死者が蘇っているというニュースを聞きつけた彼等は、
トレーラーで各々の家に帰るという決断を下します。
そしてジェイソンは事態の一部始終をカメラに収めネットにアップし、
後世に「真実」を伝えるということを決意するのでした。

ロメロ監督と言えば、ゾンビという生理的恐怖を通して
鋭い視点からの社会批判がビシビシ伝わってくることで有名ですが、
今作は更にグレードアップ。
この作品は全編P.O.V.(主観撮影)で作られていて、
メディアの不確かさという現代の問題に深く切り込んでいきます。
タイムリーな話題の為急ピッチで撮影されたという話も頷けますね。
ジェイソンは帰路の途中で動画をYouTubeにアップしていくのですが、
すぐにアクセス数がもの凄いことになって、
他にも世界中から今を伝える動画がどんどんアップされていくのです。
ラジオやテレビの楽観的な報道とは全く違う絶望的な映像が、
ネットには充満しているという状況がとにかく恐ろしいっす。
ここまで来ると、怖いのはゾンビというより社会ですよね。
ここがロメロ映画の真骨頂ですっ!
久々のロメロ映画はパンチを食らいまくってグロッキー状態でした。
打ちのめされたなぁ…。
やっぱり帝王はレベルが違うなぁと思いました。
ラストシーンも滅茶苦茶恐ろしい。人間が。
まだまだ頑張っていただきたいですね。次も期待してます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ungetum.blog83.fc2.com/tb.php/165-c8f04737
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。