FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.30 漫画 018
室井大資 『海岸列車』 エンターブレイン


『ブラステッド』一巻と一緒に発売された、
注目漫画家さんの初期短編集であります。
『ブラステッド』は渇いた暴力描写が素晴らしいので、
初期衝動集と聞いてこりゃ読まずにはおれんでしょう。
一読して思わず出た一言。
「こんな漫画読んだことねー!」

内容は、夫を殺されたお婆さんがヤクザに復讐する『海岸列車』
世界の終わり30分前を描いた『ザ・グレートエスケイプ '00』
田舎で映画を撮ることになった高校生の青春『キッス』
等々。

デビュー作である表題作を読めば、
室井氏がとんでもないということは一目瞭然です。
徹底した残酷さの中(バイオレンスだけではない)、
何処か楽観的とも言うべき作者の視線があるのです。
読者を絶望の淵にたたき落とすわけではなく、
良くも悪くも希望を与えてくれるような作風です。
画はシンプルで渇いた感じがします。
これが狂気を増すんでしょうね。
室井氏がモダンホラーを作ったら、
『不安の種』以上の大名作が生まれる予感がしたり。
この一冊も充分傑作ですけどね!
完全に新しい世界を楽しませてくれる漫画家さんです。
やっぱり可能性は、無限大ですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ungetum.blog83.fc2.com/tb.php/253-7147120d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。