FC2ブログ
2007.05.23 漫画 006
伊藤潤二 『地獄星 レミナ』 小学館


伊藤潤二先生の隠れた名作!
今まで数々の奇想天外なホラー漫画を
世に送り出してきた伊藤潤二さんですから、
期待しないわけがありません。
でもこれは単行本出てから知った笑
最近漫画は単行本でしか読まなくなったなぁとつくづく思いました。

我々の宇宙と別の宇宙をつなぐ
「ワームホール」から出現した未知の惑星。
その発見者である大黒博士は、
一人娘麗美奈の名にちなんで「レミナ星」と名付けました。
この異次元惑星の発見は絶賛され、
麗美奈も芸能界デビューを果たすなど、
一躍時の人となります。
しかし、レミナ星が惑星を次々と消滅させ、
地球消滅の危機が伝えられると、
群衆の態度は一変し、
ついには大黒親子の命が狙われる事態に…。

今回は何と怪奇SFです!
ニュアンス的には『うずまき』に似てる感じかもしれませんね。
近未来なのに何故か古臭い衣装だったりするところが
伊藤潤二っぽくてたまりません。
それにしてもこの人のパニック描写は凄まじいものがあると思います。
『死びとの恋わずらい』『ギョ』等で見せる、
群集の力というか迫力はものすごいですね。
これは細かいペンタッチだからこそなせる技なのかなぁ。
人間て怖い。
とにかく相変わらず発想がすごいですよ。
伊藤潤二はいつもタイトルから「何じゃ!?」と思わせてくれます。
同時収録の短編『億万ぼっち』も恐ろしすぎます。
これは思わず買っちゃいますよねぇ。
ビッグコミックオリジナル増刊号で不定期連載中の
「伊藤潤二の怪奇漫画館」シリーズもどんどん続けてほしいです。

恐怖と笑いは紙一重と言いますが、
正にそれをうまく使っている漫画家さんの一人だと思います。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ungetum.blog83.fc2.com/tb.php/30-ddc49df3