FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.10 映画 009
邪願霊 (1988)


今やウザい程大量にレンタル屋に並んでいるジャパニーズ・ホラー。
最近のほとんどの作品は廃れていますが、
ブームのきっかけとなった名作『女優霊』以前の1988年に
ここまで上質なホラー作品が作られているとは驚きです。
近所の古本屋のビデオコーナーにポンと置いてあり、
250円とくれば勿論買いでしょう!
所謂「長い黒髪で白い服を着た女」で怖がらせようとする
しょぼい邦画が蔓延する今(大分減ってきたかな笑)、
古い作品でこういったホラーに出会えたことは嬉しい限りです。

アイドルのプロモーション作戦を追跡するうち、
不可解な出来事や事故が続出したため
真相究明に乗り出したテレビ取材班。
どうやらアイドルの新曲に問題がありそうな感じです。
そして遂にカメラが捉えたものは!

内容だけ読むと何だかよくあるホラー映画かなと思いますが、
ドキュメンタリー風のところがかなりきっちりしていていいんです。
番組スタッフ役の竹中直人なんて本当に後姿しか出てこないし、
インタビュー映像とかでも普通に噛んだりしてるし。
この姿勢を崩さなかったところがよかったんじゃないでしょうかね。
古いからなのか画質が悪いのも逆にリアリティがあって、
ドキュメンタリーっぽく撮っているのは分かっていても、
引き込まれます。
劇中アイドルが歌う曲『ラヴ・クラフト』(これは確信犯でしょう)も、
何だか変な雰囲気だし嫌ぁな感じがしてなりません。
重要なホラー的要素もばっちり押さえてあって、
微妙な惜しげのなさがかなりツボでした。
いい作品に出会えて本当によかったです。
邦画はやっぱり掘り下げ甲斐がありますな。
夏のホラー祭2007はまだまだ続きます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ungetum.blog83.fc2.com/tb.php/48-bae45c82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。